ヤムナ ボディローリング

ハタヨガのコンセプトから生まれた Yamuna® Body Rollingは、心と体を解放します

「Yamuna®  Body Rolling」とは?

「ヤムナボール」と呼ばれる特殊なボールを用いることで、血液の循環を高め、筋肉の緊張を開放するボディワークのことをいいます。 適度な負荷が「骨、筋肉」を刺激し活性化させ、肩関節や股関節の可動域と柔軟性を上げていき、骨格や筋肉を本来あるべき場所にもどし、体内にスペースを取り戻します。
これにより、健康な体作りを助けます。ヤムナボールを用いることでケガなどのリスクを最小限に抑えながら、より深くアーサナに取り組む事が可能になります。

国民病とも言える「ロコモシンドローム」が 現代社会において問題になっています

詳しくはこちら

適度な負荷で筋肉と骨に刺激をあたえる Yamuna® Body Rollingは、ロコモシンドロームの対策に有効です

ロコモの入り口は「筋肉の衰え」、「骨強度の低下」、「軟骨の摩耗」であることから、筋肉をつけることで関節に加わる衝撃を調節し、関節の痛みを和らげることができます。また筋肉を鍛えるだけでなく、骨も鍛えることが重要です。これは食事だけでなく、日頃の運動がより大切になります。

その為、適度な負荷で筋肉と骨に刺激をあたえるYamuna® Body Rollingは、ロコモシンドロームの対策に有効であると考えられます。

芸能人や著名な方だけでなく、スポーツチーム等が実際に取り入れています

海外ではナオミ・キャンベル、カロリナ・クルコヴァ、ロン・カーター、ローリー・アンダーソンといった方が実際に取り入れており、 日本では西田ひかるさん、風吹ジュンさん、松たか子さんが実践しています。
またその効能の高さから、ボストン・レッドソックス、レスリング・アメリカ代表チーム、シンクロナイズド・スイミング・中国代表チーム、アメリカン・バレエ・シアターといったスポーツチームなども取り入れています。

Yamuna® Body Rollingは、 ボディサステナビリティ(身体の持続可能性)の 考えに基づいています

  • 怪我の原因にもなり得る従来の“フィットネス”の枠を超えた新しいボディケア
  • ボディアウェアネス(身体の気づき)に対しての全く新しいアプローチ
  • 一生涯を通して、柔軟性と動きを30代、40代…70代またそれ以上になっても保ち、
    その年代に合わせた健康を維持できる身体作りを提供します。

Yamunaで得られる効果について

ヤムナボディローリングはエクササイズ、ストレッチ、リラクゼーション、セルフケアの要素を全て取り入れたもので、身体の様々な問題の予防や解決に役立ちます。
身体を細く、長く、そして強くするといった効果が期待できます。

方法はいたって簡単です。
身体の目的や部位に合わせた大きさの違うボールを選んで、その上に乗って転がるだけでいいのです。
オフィスで実行可能なルーティーンもあります。頭痛、腰痛、首や肩のコリ、手首の腱鞘炎など、現在のオフィスではコンピューターが多く使われ、それが原因で起こる問題も、オフィスで仕事を続けながら同時進行でセルフボディケアができるのです。 腰、下肢、胸、肩、首。体中を仕事後にジムに行く必要もなくケアできるため、忙しい現代人にはピッタリです。

ボールから空気を抜いてカバンに入れてしまえば、出張や旅先にも持ち運べます。移動中の飛行機、電車、車、滞在先のホテルでいつでも気軽に行えば、時差ボケの辛さや座りっぱなしで起きる身体のハリと戦うことなく健康な身体を保ち続けることができます。

身体本来の機能を全面に引き出すには、身体のパーツ一つ一つの長さとスペースを最大限に広げることが不可欠です。
ちゃんとしたスペースが身体の中に作られると、潜在意識と筋肉自身が正しい位置を覚えて、その方向へ自然とシフトしようとします。それぞれのパーツのアライメントさえしっかりしていれば、体の中で自分で治したり向上させられない部分は殆どないと言えます。

Yamuna Zakeについて

Yamuna Zake

Yamuna Zake ヤムナ・ゼイク

1954年フロリダ生れ。
14歳でヨガに出会い、15歳の時にハタ・ヨガのインストラクタ―資格を取得。
インストラクターを続けながら大学で教育学を専攻、同時にメディカルスクールへの進学過程で解剖学、生理学などを学ぶ。ヨガの生徒の痛みの改善や関節の調整をしていく中で、肘と手を使うボディロジックを開発。
しかし、25歳で長女を出産した時に大腿骨、内転筋などを痛めてしまう。
整形外科やカイロプラクティックに通うが好転せず、ボディロジックを自分で行えないか試行錯誤を経てボールを使ったボディローリングを開発。
今もなお、日々ボールを使って自分の身体を探求しながらより良いメソッドを開発中である。

Yamuna® Body Rollingを体験・学ぶ

Action 01 ヨガフェスタ横浜2016にて、Yamuna®Body Rollingを体験する

日本国内ではとても数少ないYamuna®Body Rollingを、実際に体験できる貴重なチャンスです。講師はファーストシップのスタジオディレクター・講師リーダーのMakotoが担当します。

Makotoはヤムナ・ゼイクから直接Yamuna®Body Rollingの指導を受けており、また東洋人の骨格を理解しているMakotoだからこそ、Yamuna®Body Rollingの手技を日本人の体にマッチしたシークエンスができます。
またYamuna®Body Rollingとヨガの融合したシークエンスを行っているのは日本国内ではMakotoだけで、ロコモ予防に大きく貢献できるオリジナルプログラムです。
この機会にぜひYamuna®Body Rollingを体験して、体と心を解放してください。

[17B4] ヨガのためのYamuna®
肺まわりを緩めて後屈のポーズに挑戦する

  • LESSON ID 17B4
  • レッスン日時 9/17 16:30-18:30 
  • 運動量・習熟度 小以上・初級以上

Action 02 ファーストシップのRYT200カリキュラムで Yamuna® Body Rollingを学ぶ

ヨガインストラクターに必要な知識として、体の組織(骨・靭帯・筋膜など)による基本的な構造を理解し、体のバランスを整え、回復を図る事を目的とする為、ファーストシップのRYT200カリキュラムに取り入れられています。
RYT200のカリキュラムにYamuna®Body Rollingが含まれるのは、ファーストシップだけのオリジナルです。

詳細はこちら

ファーストシップのことをもっとよく知りたい方はこちら

パンフレットをご希望の方
ファーストシップにご興味をお持ちの方は、お気軽にパンフレットをご請求ください。
無料資料請求をする
無料体験レッスン・カウンセリング参加ご希望の方
あなたにピッタリのプログラムをカウンセラーと一緒に選んでいきましょう♪
オープンキャンパスに参加する

ページ上部へ戻る