講師紹介

鈴木 愛子

鈴木 愛子

  • 全米ヨガアライアンス RYT200
  • ヨガ哲学、ヴェーダーンタ講師

経歴

2006年ヨガと出会い練習を始め、2007年PRANA POWERにて全米ヨガアライアンス認定インストラクター200時間修了。2008年オーストラリア・YogaSynergyにて、フィジオセラピストでもあるSimon Borg-Olivierと Bianca Machliss からヨガアーサナを学ぶ。2009年同スタジオにてBasic Anatomy & Physiology と Practical Applied Anatomy & Physiology Of Hata Yoga 修了。

2010年から3年半にわたり、インド・Arsha Vidya Gurukulam のレジデンシャルコースで、ヴェーダーンタにおける主要なテキストをサンスクリットの文法と共に学ぶ。

スワミジから直接「バガヴァッド・ギーター」「ウパニシャッド」「ブラフマ・スートラ」を中心としたヴェーダーンタの講義を受ける。サンスクリットの文法や、ヴェーダのチャンティングなども学びながら伝統的な学生としての生活を送る。帰国後、2014年からファーストシップでヨガ哲学の講師としてヴェーダーンタとサンスクリットを教えている。

MAKOTOからの メッセージ

ヨガのアーサナ(ポーズ)に親しんでいる方たちに、もっとヨガの哲学にも親しんでいただきたいと思っています。ヴェーダンタ(もしくはウパニシャッド)は、より良い人生を送るためのエッセンスが全て詰まった哲学の経典です。紀元前の文献でありながら、そのテーマは普遍的であり、国、文化や宗教などを超え、様々なバックグラウンドを持つ現代の私たちにも応用することができます。

毎日を生き生きと過ごすために、障害を乗り越えていく強さ、精神の成熟、客観性を持つこと、そしてストレスや不安からの自由について学ぶことができます。難解と言われる「ヨガ・スートラ」や「バガヴァッド・ギーター」を、理論的で綿密な過程を経て明らかにしていきましょう。そのプロセスをたどることで、知識を深め、心からの幸せ、真の成功を助けるお手伝いができることを願っています。

All that is there is ONE, non-dual reality in spite of differences. by Swami Dayananda Sarasvati

ギャラリー

※画像をクリックすると拡大表示します。

Makotoの指導が受けられる講座

ファーストシップのことをもっとよく知りたい方はこちら

パンフレットをご希望の方
ファーストシップにご興味をお持ちの方は、こちらからパンフレットがダウンロードできます。
資料ダウンロード
無料体験レッスン・カウンセリング参加ご希望の方
あなたにピッタリのプログラムをカウンセラーと一緒に選んでいきましょう♪
無料体験レッスン・カウンセリングを予約する

ページ上部へ戻る