国内プログラム一覧

【キャンセル待ち受付中】
たくさんのお申し込みをいただき、只今キャンセル待ちを受け付けています。

ティーチングスキルアップ 110時間

日時 2018年1月7日(日)、21日(日)、2月4日(日)、18日(日)、3月4日(日)18日(日)、
4月1日(日)、15日(日)、29日(日)、5月13日(日)、27日(日)、6月3日(日)、6月17日(日)、7月8日(日)、7月22日(日) 、8月5日(日)
※隔週日曜日、全16日間
開催校 ファーストシップ新宿校
  • カリキュラム内容
  • 講師プロフィール
  • 概要

このような方におすすめです

  1. あらゆるクライアントに対応できる、ヨガクラスのティーチングスキルを底上げしたい方
  2. シークエンスを自ら作れるようになり、ワークショップの企画もできるようになりたい方
  3. 生徒とのコミュニケーションを向上し、ヨガの効果を最大限伝えたい方
  4. ペアワークを通じてヨガを深めたい方
  5. RYT200とRYT500をファーストシップで一貫して学びたい方

カリキュラム内容

  1. このコースは、ヨガクラスのシークエンスを作成したり、ワークショップを企画できるスキルを磨き、ティーチングスキルを底上げすることが目的の集大成的なトレーニングコースです。 一般的に、RYT200のティーチングを学んだだけでは、様々な目的に応じたヨガクラスのシークエンスを作ったり、ワークショップの企画を練るのは非常に困難だと言われています。 RYT500取得も目指しながら、ティーチングの応用力を学び、自身の指導技術を向上していきます。 今まで学んできたアーサナのアライメント、効用、目的などを再理解し、様々なクライアントに応じた、より安全で、より心身への効果効用を与えられるシークエンスやワークショップを作れるインストラクターを目指していきます。

    カリキュラム内容
  2. プログラムの内容

    どんなニーズがあるの?

    空前のヨガブームがひと段落した今、ヨガのコンセプトを元に本質的なヨガの効果をクライアントに提供できるヨガ指導者、真の知識や実力のあるヨガインストラクターが求められています。またグループレッスンであっても、よりパーソナル感のあるレッスンスタイルが求められています。多様な目的に応じた、シークエンスやワークショップを企画できるようになり、インストラクターとして差別化を図り、価値を高めていきます。

  3. プログラムの内容

    ティーチングスキルアップコースの特徴

    大手ヨガスタジオで多数のグループレッスンやプライベートレッスンと新人インストラクターの育成を担当したMakotoが指導します。解剖学の知識やニューヨーク発のボディワーク/Yamuna®のプラクティショナーである経験から、解剖学的見地でアーサナへの取り組み方を直接学ぶことができます。また、RYT500保持者であるファーストシップ講師も担当に加わり、多方面からのサポートやアドバイスが得られるのも特徴です。

  4. トレーニング
    スケジュール

    モジュール(1)

    1回目:5時間

    ・オリエンテーション
    ・アーサナにおけるアライメント概要
    ・足底のアライメント:本当に足裏3点で床に立てているか
    ・懇親会(2時間任意)

    2回目:4時間

    ・骨盤:体幹力を高めて骨盤の安定を保つ
    ・背骨:背骨の流動性をためる為に股関節や肩関節に働きかける

    3回目:4時間

    ・ツイスト:背骨の動きをコントロールしながらツイストを深める
    ・逆転:逆転のポーズに必要なアクションを身につける

    【課題】

    ・レッスン受講×8回目:8時間
    ・レッスン参加レポート×5ケース:2.5時間

    モジュール(2)

    4回目:4時間

    ・シークエンス作成における原理原則
    ・立位がピークポーズのシークエンスの解説と作成
    ・後屈がピークポーズのシークエンスの解説と作成

    5回目:4時間

    ・ツイストがピークポーズのシークエンス解説と作成
    ・逆転がピークポーズのシークエンスの解説と作成

    6回目:4時間

    ・太陽礼拝の基礎とバリエーション、ヴィンヤサスタイルをクラスへ応用するテクニック
    ・リストラティブや陰スタイルのポーズをクラスへ応用するテクニック

    7回目:4時間

    ・瞑想的なクラスのデザイン、ヨガ哲学とアーサナの融合
    ・講師による特別クラス:ボディワークとアーサナの融合

    【課題】

    ・レッスン受講2回目:2H
    ・シークエンス作成×3ケース:3H
    ・レッスン参加レポート×2ケース:1H

    モジュール(3)

    8回目:4時間

    ・テーマ別ウォーミングアップの指導法(軽減法やプロップスの適用とアジャストメント、効果的なペアワークやポーズの解説)
    ・テーマ別太陽礼拝の指導法(軽減法やプロップスの適用とアジャストメント、効果的なペアワークやポーズの解説)

    9回目:4時間

    ・テーマ別の立位の指導法(1)(軽減法やプロップスの適用とアジャストメント、効果的なペアワークやポーズの解説)
    ・テーマ別の立位の指導法(2)(軽減法やプロップスの適用とアジャストメント、効果的なペアワークやポーズの解説)

    10回目:4時間

    ・テーマ別の立位の指導法(3)(軽減法やプロップスの適用とアジャストメント、効果的なペアワークやポーズの解説)
    ・後屈とツイストの指導法(軽減法やプロップスの適用とアジャストメント、効果的なペアワークやポーズの解説)
    ・アームバランス、コア、逆転の指導法(軽減法やプロップスの適用とアジャストメント、効果的なペアワークやポーズの解説)

    11回目:4時間

    ・受講生作成シークエンスの実演とシークエンスの検証(1)
    ・受講生作成シークエンスの実演とシークエンスの検証(2)
    ・受講生作成シークエンスの実演とシークエンスの検証(3)

    12回目:4時間

    ・受講生作成シークエンスの実演とシークエンスの検証(4)
    ・受講生作成シークエンスの実演とシークエンスの検証(5)
    ・ファーストシップ講師(Miwa先生)によるクラスの実演と解説(1)

    13回目:4時間

    ・受講生作成シークエンスの実演とシークエンスの検証(5)
    ・受講生作成シークエンスの実演とシークエンスの検証(6)
    ・ファーストシップ講師(Mayumi先生)によるクラスの実演と解説(2)

    14回目-1:3時間

    ・ワークショップ企画概要
    ・担当講師によるワークショップと内容の解説

    14回目-2:3時間

    ・ワークショップ企画の作成(1)
    ・グループミーティング(1)

    15回目-1:4時間

    ・ワークショップ企画の作成(2)
    ・ファーストシップ講師(Yumiko先生またはSahoko先生)によるワークショップ実演と解説

    15回目-2:3時間

    ・ワークショップ企画の作成(2)
    ・グループミーティング(2)

    16回目:5時間

    ・ワークショップのプレゼンテーション
    ・修了式
    ・懇親会(2時間任意)

    ※ 講座期間中に、担当講師との面談が2回目:(最大1時間)用意されています。
    ・メンターミーティング(1)一人30分
    ・メンターミーティング(2)一人30分

    【課題】

    ・クラス開催4回目:4時間
    ・クラス開催レポート作成×2ケース:2時間
    ・他受講生のクラス参加1回目:1H
    ・他受講生のクラス参加レポート×1ケース:0.5H
    ・ワークショップ企画1ケース:2H
    ・ワークショップ開催レポート×1ケース1H
    ・他受講生のワークショップ参加1回目:2H
    ・他受講生のクラス×3回目:3H

MAKOTOからのメッセージ

全米ヨガアライアンス協会が定める基準に基づいた500時間のヨガトレーニング。RYS500認定校であるファーストシップトータルヨガスクールでは、ヨガトレーニング200時間を修了された方へ、さらなるステップアップとして、500時間トレーニングを目指すことを期待しています。RYS200を修了している方は、残り300時間を履修することで、RYT500ヨガインストラクターになれます。RYS500カリキュラムをご用意しています。詳しくはスタッフまで。

お申込みはこちら

講師プロフィール

MAKOTO(マコト)

MAKOTO(マコト)

  • ファーストシップ講師リーダー、スタジオディレクター
  • 全米ヨガアライアンス E-RYT500
  • Yamuna(R)認定プラクティショナー

文化服装学院卒業後、ファッションやアートの世界で働く。
2004年、自身の体調不良からヨガの実践を始め、更に身体のエネルギーの流れへの感心からシヴァカヒーリングアカデミーにてタイマッサージを学ぶ。もっと人間の本質的なことで人の役に立つことをしていきたいという気持ちから、ヨガのメッセージを人々に伝える決意をする。
2007年にPRANAPOWERスタジオにて初めてのヨガインストラクター養成講座修了。
2008年にはヨガ指導者としての活動を開始。
2010年には米国yogaworks200時間を、2012年〜2013年に300時間のインストラクター養成講座修了。
ボディワークに関する複数のトレーニングやワークショップにて心身についての学びを深めている。大手ヨガスタジオに所属し、数多くのグループレッスンとプライベートセッションを担当しながら、インストラクターの育成と店舗運営を行う。
現在はヨガインストラクター養成講師そしてスタジオディレクターとしての活動をメインとする。アライメントを重視したフロースタイルのハタヨガ、呼吸法に重きをおいたハタヨガのスタイルを得意とする。

概要

期間 1回目:2018年1月7日(日)10:30〜16:00(休憩30分)+懇親会
2回目:1月21日(日)10:30〜15:00(休憩30分)
3回目:2月4日(日)10:30〜15:00(休憩30分)
4回目:2月18日(日)10:30〜15:00(休憩30分)
5回目:3月4日(日)10:30〜15:00(休憩30分)
6回目:3月18日(日)10:30〜15:00(休憩30分)
7回目:4月1日(日)10:30〜15:00(休憩30分)
8回目:4月15日(日)10:30〜15:00(休憩30分)
9回目:4月29日(日)10:30〜15:00(休憩30分)
10回目:5月13日(日)10:30〜15:00(休憩30分)
11回目:5月27日(日)10:30〜17:00(休憩30分)
12回目:6月3日(日)10:30〜17:00(休憩30分)
13回目:6月17日(日)10:30〜17:00(休憩30分)
14回目:7月8日(日)10:30〜17:00(休憩30分)
15回目:7月22日(日)10:30〜18:00(休憩30分)
16回目:8月5日(日)10:30〜16:00(休憩30分)+懇親会
※隔週日曜日、全16日間
費用

定価 396,000円

場所 ファーストシップ新宿校

アクセス: http://www.firstship.net/access/

定員 先着25名
持ち物 ヨガマット(スタジオ内にあるものを無料でご利用いただけます)、ヨガウェア(動きやすい服装)、タオル、着替え、上に羽織るもの(体を冷やさないウェアでご参加ください)
参加条件 深刻なケガをお持ちの方、妊婦の方はご遠慮ください。
RYT500の必須・選択科目 必須科目200時間に加算されます。【110時間】
その他

男性更衣室・女性更衣室完備、鍵つきロッカー完備、常温ヨガスタジオ等

注意事項
  • ファーストシップでは、お客様を生徒、ファーストシップの指導者を先生という位置づけとしております。
  • 本サービスでは、プログラムに基づく指導以外はすべてセルフサービスでご利用ください。
  • お申込み、お支払い後のプログラム変更やコース変更はお受けしておりません。
  • 参加者のご都合によりプログラムの一部または全部に参加されなかった場合、返金はいたしかねます。
  • 滞在中の貴重品の管理は、全てご自身で行ってください。万一盗難・紛失等により損害が生じた場合であっても、ファーストシップでは補償いたしかねます。
  • レッスン前のアルコール摂取はお控えください。

お申込みはこちら

ファーストシップのことをもっとよく知りたい方はこちら

パンフレットをご希望の方
ファーストシップにご興味をお持ちの方は、こちらからパンフレットがダウンロードできます。
資料ダウンロード
無料体験レッスン・カウンセリング参加ご希望の方
あなたにピッタリのプログラムをカウンセラーと一緒に選んでいきましょう♪
無料体験レッスン・カウンセリングを予約する

ページ上部へ戻る