鈴木愛子のオフィシャルブログ

「つながり」を感じる、ヨガ。

2015/06/22

カテゴリ: ヨガを旅する, 鈴木愛子のオフィシャルブログ

「ヨガ」または「ヨーガ」は、世界で最も有名なサンスクリットの言葉です。

これは、マットの上で複雑なポーズをキメることを指しているのではありません。
このブログを読んでくださっている皆様はもうそれにお気づきですね。

この言葉には「つながること」という意味があるのを、どこかで聞いたことがあるかもしれません。

ヨガには「つながること」「つなげること」「ひとつにすること」「合わせること」という直訳的な意味があります。

では、質問!

いったい何と何をつなげるのでしょうか???

・心と身体

・人と人

・自分と世界

などなど、いろんな答えが出てきたと思います。

ヨガをして、ほっと一息ついたとき、きっとこの「つながる」感覚を感じる人も多いのではないでしょうか?

心と身体がバラバラになってしまっている。
たくさんの人に囲まれているのに孤独を感じてしまう。
大きな世界に立ち向かって生きている小さな自分。

ヨガを通して、バラバラだったものがつながったように感じるけれど、

ヴェーダの聖典ではなんと、

「実は、もともと何ひとつとして離れていないんですよ!」と言っているのです。

心と身体はいつだってひとつだし、
人は決して一人では生きることはできない。
自分は世界の調和の中にいて、一瞬たりとも離れて存在することはできない。

・・・そうですよね??

自分と世界を分け隔てるものは何ひとつとしてありません。

なので、そもそも、くっつけられない!!

じつは、バラバラのものをくっつけたり、合わせたりすることがヨガではないのです。

ヨガとは、じつは、私たちが忘れてしまっている、“もともと持っている”「つながり」を“忘れないため”に、
そして、忘れてしまっている人には “思い出してもらう” ためのもの。

心にスペースを作ってあげることによって、その「つながり」を感じることができる。
できごとをありのままの事実として受け入れることができる。

そんな仕組みになっているのですね。

その、心にスペースを作ってあげるための、インドから伝わる方法や手段は、すべてヨガです。

アーサナだけではなくて、瞑想、呼吸法、祈りに満ちた生き方も、すべてすべてがヨガです。

いかがですか?
つながってきたでしょうか?

私はインド留学中、この「つながり」を感じる機会がたくさんありました。

特に人と人とのつながりにおいて。

インドには、お客様を大切にする文化があります。
それはヴェーダの聖典で大切にされていた太古からの習慣であり、現代のインド人の心にもしっかりと根づいているもの。

私は度々インド人の友人のお宅を尋ね、滞在することがありました。
どのお宅に行っても、その家族はいつも私を温かく迎え入れてくれる。

それは“ なんとなく”の温かさではなく、全力で表現される愛情なのです。

「Aikoが来てくれて本当に嬉しいよ!」
「私たち家族はみんなAikoのことが大好きなんだよ!!」
「Aikoが食べたいって言っていた好物を作ったよ!!!」

と笑顔いっぱいで、私を強く抱きしめて、言葉ではっきりと表現してくれました。

長いインド滞在の間、心細いこともあったけど、
インド人の友人やその家族の愛情の深さに支えられたなぁとあらためて感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、そこから私が学んだのは、「伝えることの大切さ」。

思っているだけでは案外何も伝わっていないということ。
きちんと形にして、声に出して伝えることの大切さを学びました。

なんせ私はtoo shy shy girlですから。。。

言わなくってもわかるでしょっ!!
と、愛情を人に伝えるのは苦手でした。
でもそれは、案外伝わっていないものなのだなぁと考え直しました。

ヨガは実践です。

実践とは、つまり「形にする」こと。

愛情を相手に伝わるように、きちんと表現していくことも「つながり」を忘れないための大切な「ヨガ」なのですね!!

▼インド人の友人たちと
名称未設定-1

ページ上部へ戻る