鈴木愛子のオフィシャルブログ

ナヴァラートリ祭。

2015/10/17

カテゴリ: ヨガを旅する, 鈴木愛子のオフィシャルブログ

日本もすっかり秋めいてきましたね。

身体には「首」「手首」「足首」と、「首」の名を持つ部位があります。
寒い時は 「首」を暖めると身体があたたまるよー!と、言いますね!
日本語で言うと簡単ですが、英語だと「neck」「 wrist 」「ankle」 。
インド人に「首」を温めることの素晴らしさを伝えたい時、もどかしい思いをしたことがありました。

雨季が終わってもまだまだ暑い日が続くインドでは、今ちょうど「ナヴァラートリ」というお祭りが行われています。
「ナヴァ」は「9」「ラートリ」は「夜」。
9日間にわたる、インド全土でお祝いされているお祭りです。
このナヴァラートリの間は、3日間ずつ三人の女神様を祭ります。

9日間のうち
1,2,3日は、ドゥルガー
2,3,4日は、ラクシュミー
7,8,9日は、サラスワティ

最初にお祝いするのが、「ドゥルガー」
病やトラブルなど、私達を抑圧するものを全て取り払い、私達がスムーズにヨーガの道を歩めることを願います。

次に、「ラクシュミ」
私達の心や身体が健やかで、富と繁栄があるように、つまり、私達の努力が報われることを願います。

そして最後に「サラスワティ」
私達にとって何よりも大切な宝となる、「知性」と「智慧」を与えてくださるよう、願います。

全てのお祝いが開けた10日目を「ヴィジャヤ ダシャミ」といい、この日はラーマ神が、奥さんであるシーターをラークシャサ(魔神)から取り戻し、シュリランカからインドの地に戻ってきた日でもあります。

「ヴィジャヤ」とは、「勝利」
ここで象徴される勝利とは、私達が自分自身の「心」を収めた時。

3人の女神様が私達の成長を助けてくれるのです。

ナヴァラートリの期間、女性はいつもより綺麗なサリーを身につけ、各家庭では大量のお菓子が用意されています。
今インド人宅を訪れたら、美味しいマンマの手作りお菓子に出会えること間違いなし。

お祭りの多いインドでも、この9日間は、特別に華やかです。
(便乗してサリーやアクセサリーのセールも!)

知識の神様であるサラスワティを祝う最後の3日間(カレンダーだと20日、21日、22日)は、特に、何か新しいことを始めるのにふさわしい日。

今までやってみたかったけど始められなかったこと、是非これを機にスタートしてみてください!
サラスワティが応援してくれますよ♪

440f7a9f9a0d843f1f77f8c771155d33

ページ上部へ戻る