鈴木愛子のオフィシャルブログ

「新しい視点を持つ」ことこそが本当の旅。

2016/10/19

カテゴリ: ヨガを旅する, 鈴木愛子のオフィシャルブログ

こんにちは!季節はすっかり秋。夏の疲れも癒える今頃、自然を散策すれば美しい景色に出会うことができるでしょう。

海外に住んでいたからこそ、感じることが出来る繊細な日本の美を、帰国してしばらく経つ今も日々感じています。

インドにいたという話をすると、聞かれるのが「人生観変わりましたか??」というもの。

その答えは、、、、

変わりません!(きっぱり)

衝撃的なことは、確かにある。

住んでいた3年間、毎日、日本ではありえない予想を超えた事態が起こる。 よく言えば「飽きさせない」というのかな。

ある日突然、水の蛇口からお湯が出てきて、お湯の蛇口から水が出てきたり。。部屋で猫が出産をしていたり。。引き出しを開けたらリスがでてきたり。。山を下る市バスは、ドアが空いていて、ジェットコースターよりもスリル満点だったり。。洗濯物が15分で乾くこともあれば4日間乾かないことも。

と思いきや、そこには変わらぬ人々の穏やかな日常があったり。。。

素晴らしく見えることもナンセンスもある。 それは、どこの国に行っても多少の違いでしかありません。

帰ってきたらいつもの日常が待っている。 なので、「インド行ってごらん、人生変わるよ!」とはならないわけです。

旅の後、日常の風景に退屈を感じるのだとしたら、それがたとえ宇宙旅行であっても、その旅は単なる暇つぶしにしか過ぎないものとなるでしょう。

フランスの作家マルセル・プルーストの言葉でこんなものがあります。「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい視点を持つことである」

もちろんここでいう旅は、旅行のことではなく、、 生活環境、仕事だったり、人間関係だったり。
新しさや刺激を次々と求め続けることも旅には違いないが、「新しい視点を持つ」ことこそが本当の旅。
それは今を大切にすること。
衣食住を整え、心を込めて役割をこなし、目の前にいる人を大切にすること。

すごくシンプル。

足りないものを探し求める旅の足を止めてみる。
ぐるりと回りを見渡してみる。
探し回らなくても私には充分与えらえているという発見がある。
今の私には何が出来るのかな。。
そんな大きな心さえ持っていれば、いつでも旅は可能なのです。

dsc05008
▲インドの私の部屋で生まれた子猫たち

ページ上部へ戻る