バックナンバー

マイナスな思いをプラスに変える力

2016/04/14

カテゴリ: Makotoのオフィシャルブログ, 自己探求

誰にでも、消極的で負の感情や気分に見舞われて、その感情や気分に流されてしまうことがありますね。

昔、数十年前にポジティブシンキングという言葉がはやりました。
現在ではその言葉はすっかりと定着し、僕たちの間に浸透しているように見えます。

しかし、この言葉には少し落とし穴があるように思うのです。
単に前向きな思考や楽観的な感覚とは、現実をきちんと見ていない、または状況を判断できていない、客観性を失っているともいえるのではないでしょうか?

ヨガにおけるポジティブシンキングは、一般的なポジティブシンキングとは少し異なります。
ヨガの経典であるヨガスートラにはこのような文章があります。

ヨガスートラ2章33節
「否定的な想念によって攪乱された時は反対の肯定的想念が念想されるべきである。」

この文章からヨガ的な考え方のヒントを紐解いてみましょう。

01

「否定的な想念によって攪乱されたとき」とは、私たちに無意識的に刷り込まれているであろう、ある特定の反応パターンや、そもそも兼ね備えている心の傾向により起きてしまう衝動的な言動を指します。私たちの心の傾向に合わせて私たちの五感は常に働いていて、直接的に感情につながっています。そして、その私たちの感情が動く仕組み自体を変えることは不可能です。

ヨガでは自分がコントロールできないことは手放し、自分がコントロールできることのみにフォーカスするように教えています。マイナスな思いを抱いていてしまうこと自体はコントロールできない、ならばその反応パターンをプラスの方向に変えることにフォーカスします。

自分の癖や反応パターンを観察し、反対のプラスな思いのリストを用意したいです。
アファメーションと言って、プラスな思いを言葉に変換して繰り返し唱えることにより、潜在意識に働きかけてマイナスな思いをプラスの力に変えていくことができます。
このポジティブなマントラ(真言)を日頃から口にすることによって、突然の衝動にも流されずにいることができます。

そして一般的なポジティブシンキングの落とし穴とは、本当のことや真実を見ようとしない、または受けいれようとしないで単に自分の都合良いように現実を捻じ曲げてしまうことにあるような気がします。

ヨガにおけるポジティブシンキングとは、現実を見つめ受け入れた上でそれをプラスの思いに変えるだけでなく、実際にプラスに変換したのちに行動のレベルにまで落とし込んでいくことです。
単に思考や感情を自分の望むものに置き換えるだけではなく、勇気を持って本当のことを見つめ、受け入れた後に逆転の発想でもって行動に変えていく、そしてその行動の結果には囚われない、潔い態度がヨガ的なポジティブシンキングなのです。
サンスクリット語では、その一連のマイナスな思考から逆転の発想と行動までの流れを「プラティパクシャバーバナー」と言います。

アーサナの練習を通じて「プラティパクシャバーバナー」の態度を貫いてみてください。
そうすることで、健全な思考パターンになり、穏やかな行動を生み出すことであなたの運命に変革がもたらせるかもしれません。

02

ページ上部へ戻る