Makotoのオフィシャルブログ

僕達の損なわれている身体の空間はどの様にひらかれいくのか?

2016/07/26

カテゴリ: Makotoのオフィシャルブログ, ヤムナ, 言葉からのインスピレーション

「身体は自然の摂理に沿った理性を持っている。」(The body has a natural logic and order.)
ヤムナ ゼイク(ヨガ指導者、ヤムナ®創設者)

ヨガの指導者になることを決意し、参加した指導者育成コースで初めて人体の解剖学に触れて、僕達の身体には直線的部位はなく、緩やかな曲線で描かれている部位ばかりであるのだなと感嘆したのを昨日のように思い出します。

人間の身体を正面から観察してみると身体はまっすぐに見えるかもしれないですが、横から観察してみる、または人体の骨格模型を見てみると、背骨は緩やかなS字のカーブを描いているのがわかりますね。これを解剖学では「生理的湾曲」と呼ばれています。さらに詳しく観察してみると、首にあたる頸は身体の喉側にカーブ(前湾)し、肋骨に繋がる背骨は背中側にカーブ(後湾)、腰にあたる背骨はお腹側にカーブ(前湾)を描き、仙骨、尾骨は背中側にカーブ(後湾)しているように、身体の前後は美しい曲線をしています。

けれども、胎児はお母さんのお腹、羊水の中でまん丸く存在しています。つまり、背骨全体は後湾の状態です。赤ちゃんが生まれてから成長し首が座ることで首の前湾が形成され、ハイハイして歩くようになり立ちあがるようになると腰の前湾が形成されて、背骨全体がS字の曲線を描く様になります。

IMG_2200

僕達の身体の中心である背骨は重力や自重を支える衝撃から身を守るようにと、この美しい曲線を神様がデザインされました。しかし、この計算し尽くされた背骨のバネのような構造をもっても、重量からの圧力や自重を支える衝撃から身体の平衡さを保つのは困難ですよね。体重のかけ方など身体の癖や姿勢のパターンにより、常に僕達の身体はアンバランスな状態下に置かれています。そして、過剰で様々な外側からの刺激によって、マインドが反応すると僕達の呼吸や筋肉にその刺激がダイレクトに伝わり、筋肉が萎縮することで関節の可動域は狭まり、身体の空間が失われていってしまいます。また、内蔵は下垂したり、慢性的に圧迫されることで、身体の循環システムにも滞りが生じてしまいます。

身体を使ったヨガ(ハタヨガ)の実践と特殊で専用のボールを用いた「ヤムナ®」の実践は、この損なわれた身体の空間を取り戻します。

どうやら、僕達は360度立体的に身体を感じたり、意識したりするのがなかなか難しいようです。なので、ヨガのポーズを練習していても2次元のまるで絵画のようにしか身体や空間を捉え、感じとることしかできないのではないでしょうか?
例えば、ヴィラバドラーサI(戦士のポーズI)のポーズを練習している時に、身体の前側の足はしっかりと踏み込めているのに、後ろ足はおろそかになり、また下半身はポーズにしっかりと取り組めていても、上半身は腰を過剰に反らしてしまいがちですよね。

身体の意識や感覚を育むのに、ハタヨガから生まれたボディワーク「ヤムナ®」のメソッドが有効です。
僕がヤムナ®のテクニックを用いてクライアントにセッションをしている時に、外からの観察ではわからなかったことが、肉体という物質にヤムナ®の特殊な球体が入り込むことによって、リードしている僕にも、受け手のクライアントにも、筋骨格的なハッキリとした感覚や、さらに微細なエネルギー的感覚で、その人の身体の空間が狭められていた事実に気づくことがあります。

ハタヨガのひとつの目的として、この損なわた空間を取り戻すということがあります。そしてその損なわれた空間がどの様にひらかれていくのか?その道程をつぶさに見ていくことに興味があります。

そしてヤムナ®の創設者でもあるヤムナ ゼイクは、身体に働きかける時に、身体の持つ自然に寄り添うべく、身体の摂理に合わせて然るべき順序をだとることで、身体は理性を取り戻し、空間がひらかれていくのだと教えます。

また、身体がひらかれた、その時にはマインドにどの様に影響するのか?を目撃したいです。さらに、僕自身や他者の体験を通じてその目撃する意識が続いたその先の世界を見ていきたいなと思います。

まだまだ、身体と心という小宇宙に対する興味は尽きそうにありません。

IMG_2201

Makoto先生がヨガフェスタ横浜2016に出演!
11070839_636215096511504_7611286623549025231_n
みんなでクラスを受けに行こう♪ 詳細&チケットの購入はhttp://www.yogafest.jp/2016/wp/?p=21640
2016年9月17日(土)16:30-18:30 
『YogaのためのYamuna®:肺まわりを緩めて後屈のポーズに挑戦する』

ヨガフェスタ横浜 2016

ページ上部へ戻る