Makotoのオフィシャルブログ

ヨガを通じてなりたい自分になる|「私らしく働く」服部みれい

2016/11/28

カテゴリ: Makotoのオフィシャルブログ, ヨガを感じる本を読む, 言葉からのインスピレーション

「だれもが外側の尺度に合わせて無理するのをやめて『自分自身』に戻って『自分の仕事』をしたなら、世界は最高に幸せな場所になるはずとかなり本気で思っています。」

服部みれい
文筆家、『まぁまぁマガジン』編集長、詩人

03

現在僕は、ヨガを人々に伝えることを生業としています。もしかしたら人々には変わった職業に就いていると思われるかもしれません。僕の家族も変わった職業で、代々ドッグトレイナーの家系です。一人っ子の僕は、常に犬と一緒に過ごし育ってきたので、小さい頃は獣医になりたいと思っていました。その後10代の多感な時代に、衣食住への関心と身体への強い興味から、身体に一番近いものである服の構造を学ぶために文化服装学院でファッションデザインを専攻していました。現在はヨガを通じて筋骨格系からなる身体の構造や微細なレベルでの身体について学びを深めているルーツが、僕の場合は服であったのです。

多くの20代の若者がそうであるように、僕も若い頃は生意気で既存の体制にはいつでも反旗を翻すぞとばかりに血気盛んでした。テキスタイルデザイナーとして、またセレクトショップなどでファッションの仕事をしていましたが、既存のファッションの世界に生きることの本質はないと勝手に決めつけ、アートの世界にこそ人生の本質があると思い救いを求めましたが、常に仕事を通じて自分自身に失望をしてきました。

そんな悶々としている20代後半にヨガに出会いました。ヨガに興味があったけどなかなか踏み込めずに数年が経っていましたが、ちょうどその頃日本ではヨガがブームとなっていたので、スポーツジムで手軽に良いクラスを受けることができました。身体と心を同時に満たすことができるヨガにすっかり魅了されてしまい、ヨガをライフスタイルにしたいという思いから、それまでの仕事や住まいを清算して、ヨガを生活の中心に据えるようになったのです。

04

服部みれいさんの「私らしく働く」という書籍を、今年の41歳の自分の誕生日に読んでいました。みれいさんは新しい時代の生き方を様々な角度から提案し、自らも実践をされている文筆家です。彼女の提案する新しい時代を生き抜くための知恵として、自然療法を中心にアーユルヴェーダや瞑想についてのトピックスが多く寄せられています。「私らしく働く」ではそんな著者が駆け出しの雑誌編集者となり、後に自身のメディアとして雑誌を創刊、出版社を設立、編集長として、文筆家として、また一人の女性として奮闘する様子がみずみずしく描かれています。この本を通じて、僕の仕事の転換期から現在のヨガ講師に至るまでの道のりを思い出しました。多くの人が「好きなことを仕事にしたい」と思い描いています。そのような人々にみれいさんは、「誰でも何でもすぐに『好きなこと』を仕事にできるほど世の中は甘くないかなとは思います」と述べ、さらに以下のようにアドバイスを送っています。

「わくわくすること」

「やめないこと、あきらめないこと」

「小さな成功体験を積み重ねること」

「自分自身への感謝やご褒美を忘れないこと」

「どうしてもうまくいかない時は、時と場所を変えてみること」

「高飛びせずにじわじわと進むこと」

「部分的にでも今現在の仕事を先に好きになること」

「自分が幸福になることを許可すること」

僕も端から見れば『好きなこと』を仕事にし、自分らしく自由に働いているように見えるかもしれません。そして最初から今のような立ち位置にいるように思われるかもしれませんが、もちろんそのようなことは不可能ですし、ありえません。

01

10数年前に、僕が初めてのヨガインストラクター育成スクールを修了した当時は、スクールの数もヨガスタジオの数も今よりずっと少なくて、特に指導経験のない男性がヨガの指導者として実践をつめるような機会はなかなかありませんでした。やっとのこと、小さな場所でヨガのクラスを担当するチャンスを与えられ、その後諦めずにコツコツと担当するクラスを増やしていきました。その間数年は休みを取らずに働いていました。余暇という意味での休みはもちろんですが、自分の勉強のためだからといってワークショップやトレーニングに参加するために代講を出すこともせずにいました。当時何でそんなに働くことができるのか?と周りの友人から聞かれましたが、やはりヨガが好きという気持ちが強くあったのと、僕の家族がドックトレナーでしたので、生き物を扱う生業である以上は実質的な休みというものがない状態で日々働いていたのを目の当たりにしていたからだと思います。家族の背中を見てきたことから、好きなことを仕事にするにはその様な生活は当然であると思っていましたし、辛いという気持ちはなくむしろ楽しんでいました。

この世に生を受けて今この場所にいる意味とは、与えられた身体と心を上手に扱いながらどの様に世界と関わっていくのか、その質を高めることにあるとヨガの実践を通じて感じています。
そして、ヨガの教えでは自分の使命(ダルマ)を全うすることが自分と世界との調和であるとされています。世界とつながり、自分の使命(ダルマ)に忠実に生きて行くならば魂と自分が深い絆で結ばれます。それが好きな仕事で自分らしく働くことを通じてなされるのならば、常に情熱的に生き、内からの生命力(オージャス)で満たされそうです。「私らしく働く」ということは、自我(アハンカーラー)を中心に据えた考え方などではなく、自分の使命に従った結果として宇宙からの授かりものであると感じています。そして、ヨガ的な自己実現とは物質的、金銭的な成功とは異なるということを常に心に留めておきたいです。

02

「なりたい自分になる」ということをテーマにヨガをベースとした活動をしていますが、僕のプロフィールにあるヨガ講師という職業、スクールやスタジオのディレクターであるという肩書きは、僕自身の本質ではないとうことをはっきりと認識しています。僕の現在の職種は僕の使命(ダルマ)を全うするのに今のところ最適であるに過ぎないと思っていますし、大そうな肩書きは、僕がイメージしたことを具現化しやすくするための通行証のようなものだと思っています。

僕の興味はヨガの伝統やテクニックを伝えるのみならず、その根底にある本質的な幸せを求めることを通じて自分のあり方を確立し、人の生き方に良い影響を与えることに尽きます。
もしかしたらその広大なテーマをメッセージとして人々に伝えるには、ヨガ講師という立場では限りがあるかなと感じています。その事を裏付けるかのように、僕が信頼を寄せている占星術の先生達からは、今後僕の本質にある創造と破壊の力が大きくはたらき、また新たなることに挑戦を続けていくだろうと教えていただきました。そして今そのはじまりを確かに感じています。

人が情熱を持って自分の仕事(使命)に取り組むことは、今を生きることに他なりません。
確かに今生きているという実感を感じ続けることができるように、目の前にあることに焦点を絞り、集中を絶やさずに先に進んでいきたいです。

「わたしらしく働く!」(服部みれい著、マガジンハウス、2016年)

ページ上部へ戻る