Makotoのオフィシャルブログ

ドミニック・ローホー「屋根ひとつ お茶一杯 魂を満たす小さな暮らし方」

2016/09/10

カテゴリ: Makotoのオフィシャルブログ, ヨガを感じる本を読む, 言葉からのインスピレーション

「幸せとは今ここにあるのです。真の豊かさとは調和のとれたシンプルな暮らし方を自分自身で習得することです。」 ドミニック・ローホー

ヨガのインストラクターとして数年間勤務したスタジオを卒業して、ヨガインストラクター育成講師としてのキャリアをスタートするのをきっかけに、今まで慣れ親しみ住んでいた部屋を引っ越す決心をしました。ちょうどその頃タイニィハウスという住居スタイルがあるのを知りました。小さなトレーラーハウスに必要最低限のものが揃った小さな空間を潔いと感じ、憧れを抱きました。

それまでは、大きな部屋であることを基準に引っ越しを決めてきました。生活や仕事の基盤が東京にあるのでトレーラーハウスに住むことはできませんが、新生活を始めるにあたり、今までの住まいに対する価値観を改めようと決意しての部屋探しが始まったのです。今までの条件である部屋の広さを撤回したことで、屋根裏部屋のような、不思議で素敵な部屋に巡り会いました。

それからあっという間に数年間が過ぎ、改めて僕の生活空間を見回してみると、お気に入りの小さな部屋が手狭に感じるほどにモノが増え、生活のスタイルを潔くするための選択をしたはずが、たくさんのモノに囲まれ、息苦しいとさえ感じ始めていました。

「やはり、もう少し大きな部屋に引っ越したほうがいいかな?」
と考えている時に、簡素な生活様式を伝える随筆家のドミニック・ローホーさんの作品に出会いました。

img_2310

「屋根ひとつ お茶一杯 魂を満たす小さな暮らし方」と題された作品は、彼女のパリでの屋根裏部屋でのライフスタイルを綴った、「潔さとは何か?」を「衣」「食」「住」にわたり深い洞察をまとめた随筆集です。

ドミニック・ローホーさんが提唱している「シンプルライフ」や、やましたひでこさんが提唱している「断捨離」は、ともに簡素で潔く生きるという意識的な生活様式です。このふたつのコンセプトに基づいた作品を読んでみると、至るところにヨガの考え方と共通するものがあり、ともに著者がヨガから多大なインスピレーションを受けていて、ヨガのコンセプトを実生活でキチンと実践し、生活に生かしていることが良くわかります。

ヨーガ・スートラという、ヨガの考え方に基づいた古典文献では、人生という旅の成功を目指すための8つのステップが用意されているとしています。

その1番目の項目は、自分という人間が自分自身や世界と関わり、交わり合う中で、確実に避けるべき事柄(禁戒)が5つあり、また自分が自分自身や世界との調和を図るための自己浄化として、率先して取り組むべき事柄(勧戒)がさらに5つあるとされています。

そのヨガの古典書が示す「禁戒」と「勧戒」に、飽くことなき欲求に対して節度を保つという考え方(不貪)と、与えられた環境や現状を受け入れて感謝するという考え方(知足)があります。ドミニック・ローホーさんのすべての作品には、ヨガのこのコンセプトをブループリントとして展開されているのだなと感じます。実際に彼女のプロフィールには日本でヨガを実践し学んでいたとあるのです。

「不貪」と「知足」というコンセプトをもとに、衣食住を、特に「住まい」という、僕たちにとって必要不可欠な事柄を、より簡素で潔く整えるための実践的なヒントがたくさん詰まったこの本の序文に、こうあります。

「住まいが私たちにもたらすべきものは、まずは体と精神の安らぎです。私たちは、仕事中でも、それ以外の時間でも、生きる喜びを存分に味わえるように、エネルギーの器を満たしておく必要があります。住まいとは、それを可能にするための、何よりも安らぎと喜びの源であるべきなのです。」

img_2313

「食」や「衣」よりも「住」は、その性質上、人を縛りつけ不自由にしてしまいがちです。

たくさんのモノに囲まれているのは、一見便利で幸福の象徴のように見えたとしても、モノは結局のところ僕達を拘束します。モノは物質である以上はエネルギーなので、たくさんのモノ、不要なモノに囲まれて生活をしているということは、その空間がモノのエネルギーで満たされてしまうといことになりますね。こんな空間の中では、自己滋養のために安らぐということが難しそうです。

自分の生活を簡素で潔く整えるために、誰しもが、小さな家に住み、持ち物を数個に抑えるといことが、すべての人に良きこととは思いません。分相応、身の丈にあったという言葉が示すように、要は、衣食住を自分が管理できる範囲に留めておくことが必要だと感じています。自分が自分でまかなえて、そのモノを管理しながら、かつ有効活用できる範囲のモノだけを身の回りに置きたいです。

そのためにも、僕の今の部屋は、僕にとってはちょうど良い空間を選択することができたなと思います。自分の可動域の中で、今世で最優先すべき課題に取り組めるためにも、簡素で小さな暮らしを愛おしく思える潔さを身につけていたいです。この本のタイトルの通り、簡素で小さな暮らしは、きっと僕の魂を満たすものとなるでしょう。

簡素で潔い暮らし方を自分自身で確立することが、今、ここに焦点を当てる能力を育むようです。幸せが今、ここにあるということをつぶさに感じていくために、さあ、今もう一度この小さな空間を細やかに見回し、必要なモノと不必要なモノ、すべき事柄とすべきでない事柄を明確に見極めることに挑戦しようと思います。愛着のあるソファとテーブルにはお別れをして、小さなリビングの中心にはヨガマットを、その片隅にはメディテーションのためのクッションを置き、プラクティスを繰り返し行っていこうと思います。

img_2311

ドミニック・ローホー「屋根ひとつ お茶一杯 魂を満たす小さな暮らし方」 2015年 講談社

ヨガヨムへ寄稿しています。

身体の空間を感じ解放すること

2016/09/01

カテゴリ: Makotoのオフィシャルブログ, ヤムナ

「制限、痛み、不快感は身体の中で空間が失われることに由来する」(Restriction, pain, discomfort are caused by lack space.)
ヤムナ ゼイク(ヨガ指導者、ヤムナ®創設者)

皆さんは自分自身の身体をどのように捉え感じていますか?
また身体と密接に繋がっている心を、常日頃どのように把握しているのでしょうか?

ヨガでは身体を私たちの魂が宿る「棲家(すみか)」であると例えます。あるいは今世を旅する「乗り物」であるとも表現されます。要は一時、神様、または宇宙の摂理から授かった道具です。現代に生きる僕たちは複数のガジェットを使いこなし、様々な情報を一括で管理することができています。けれども本来自分の一番近しい持ち物としての「身体」や「心」については、多くの人にとって、無頓着で、おおよそ使いこなしているとは言い難い状況ではないでしょうか?

僕たちが身体や心に対して無頓着であり続けたことに対して「つけ」としてそれは、痛みや不快感として現れます。その時に僕たちは痛みや不快感の原因の本当の出所を見ずに、局所的にその痛みや不快感を取り除こうと躍起になりますが、一向に改善しないということが多いようです。いわゆる対処療法です。

Yamuna®の創設者でありヨガ指導者でもあるヤムナ ゼイクは、この痛みの根幹は、身体の空間が損失されることにより引き起こされると明言しています。

捻挫や筋肉の炎症、そして腰痛などで痛みがある場合は、身体の特定の部位に圧迫が起こり、制限が生じています。一般的に、関節の痛みや筋肉の委縮そして炎症や神経痛が起こっている時には、その部位あるは関連する他の部位に十分な空間が保たれていません。そして、そもそも本来持っていたはずの空間を感じることが難しかったり、空間が損なわれている感覚に気づけなかったりすることが多くなってしまいます。

この現実をどのように改善すれば、僕たちは身体という鎧から自由になることができるのでしょうか?

まず自分の身体に起きていることを感じることが難しいのであれば、何らかの形で身体の知覚を目覚めさせることが必要です。そこでYamuna®の特殊なボールを主要な関節に当てて、特定の筋肉の始まりから終わりにかけてボールをローリングすることで、骨にへばりつき硬縮した筋肉や異なる筋肉同士の癒着を緩めて解き放ちます。そうすることで、その部位の失われていた感覚が蘇り、多くの人が自分の身体に起きている現実に目を覚まします。

その感覚を目の当たりにした時に、本来持っていた身体の空間を懐かしむように思い出すのです。

Yamuna®のワークは、実際にどのように身体に空間を作っていくのでしょうか?

まずヤムナが開発した数種類の大きさや硬さがあり、空気の出し入れが可能なボールを、筋肉の始まりである骨との結合部分の健にボールを置きます。骨や腱に刺激を送り、筋肉より前に働きかけることにより、筋肉全体が緩んでくると考えています。またボールの上でバランスを見つけ、それを維持し、自分の体重をかけて深く沈みこみます。そしてボールが置かれているポイントを意識し、呼吸を届けるようにイメージすることで、呼吸が細胞をリリースしてくれます。すると筋肉が溶けて、リラックスし始めるのです。

IMG_2283

ボールをローリングしていく時に、筋肉の緊張が高い場所を発見するでしょう。そこの身体の部位は圧縮がかかっていて、筋肉は硬く硬直し、骨自体もしなやかさを失っているはず。いきなり強い刺激をボールで身体に与えると、筋肉や組織がボールの侵入を許さずにはじき返されてしまいます。そのため、ボールをローリングしていく際に筋肉や結合組織などのレイヤー(層)を意識してボールを沈めていくのです。

一見、フィジカルなことだけに特化しているように見えるYamuna®のワークですが、身体のみでなく「心」や「精神」までも解放することが可能なワークです。

ヤムナ ゼイクは、今までの人生の緊張や実生活での記憶(怪我や突発的な事故による印象など)が肉体の深部に残っていると考え、それらを、まるでうろこを剥がすように、ひとつひとつ丁寧に解放するようにと教えます。実際にYamuna®のトレーニングやセッションを受けている最中や受講後に、「ヒーリングクライシス」として肉体の中に眠っていたネガティブな感情が湧き、浄化され消えていくという体験をする人も多くいます。

身体の中で空間が欠落することにより、制限、痛み、不快感は、肉体のみならず心や精神にも暗い影を落とします。身体の空間を感じて解放することで、僕たちの身体、心、精神、は深いリリース(解放感)を得ることができるでしょう。

IMG_2282

Makoto先生がヨガフェスタ横浜2016に出演!
11070839_636215096511504_7611286623549025231_n
みんなでクラスを受けに行こう♪ 詳細&チケットの購入はhttp://www.yogafest.jp/2016/wp/?p=21640
2016年9月17日(土)16:30-18:30 
『YogaのためのYamuna®:肺まわりを緩めて後屈のポーズに挑戦する』

ヨガフェスタ横浜 2016

僕達の損なわれている身体の空間はどの様にひらかれいくのか?

2016/07/26

カテゴリ: Makotoのオフィシャルブログ, ヤムナ, 言葉からのインスピレーション

「身体は自然の摂理に沿った理性を持っている。」(The body has a natural logic and order.)
ヤムナ ゼイク(ヨガ指導者、ヤムナ®創設者)

ヨガの指導者になることを決意し、参加した指導者育成コースで初めて人体の解剖学に触れて、僕達の身体には直線的部位はなく、緩やかな曲線で描かれている部位ばかりであるのだなと感嘆したのを昨日のように思い出します。

人間の身体を正面から観察してみると身体はまっすぐに見えるかもしれないですが、横から観察してみる、または人体の骨格模型を見てみると、背骨は緩やかなS字のカーブを描いているのがわかりますね。これを解剖学では「生理的湾曲」と呼ばれています。さらに詳しく観察してみると、首にあたる頸は身体の喉側にカーブ(前湾)し、肋骨に繋がる背骨は背中側にカーブ(後湾)、腰にあたる背骨はお腹側にカーブ(前湾)を描き、仙骨、尾骨は背中側にカーブ(後湾)しているように、身体の前後は美しい曲線をしています。

けれども、胎児はお母さんのお腹、羊水の中でまん丸く存在しています。つまり、背骨全体は後湾の状態です。赤ちゃんが生まれてから成長し首が座ることで首の前湾が形成され、ハイハイして歩くようになり立ちあがるようになると腰の前湾が形成されて、背骨全体がS字の曲線を描く様になります。

IMG_2200

僕達の身体の中心である背骨は重力や自重を支える衝撃から身を守るようにと、この美しい曲線を神様がデザインされました。しかし、この計算し尽くされた背骨のバネのような構造をもっても、重量からの圧力や自重を支える衝撃から身体の平衡さを保つのは困難ですよね。体重のかけ方など身体の癖や姿勢のパターンにより、常に僕達の身体はアンバランスな状態下に置かれています。そして、過剰で様々な外側からの刺激によって、マインドが反応すると僕達の呼吸や筋肉にその刺激がダイレクトに伝わり、筋肉が萎縮することで関節の可動域は狭まり、身体の空間が失われていってしまいます。また、内蔵は下垂したり、慢性的に圧迫されることで、身体の循環システムにも滞りが生じてしまいます。

身体を使ったヨガ(ハタヨガ)の実践と特殊で専用のボールを用いた「ヤムナ®」の実践は、この損なわれた身体の空間を取り戻します。

どうやら、僕達は360度立体的に身体を感じたり、意識したりするのがなかなか難しいようです。なので、ヨガのポーズを練習していても2次元のまるで絵画のようにしか身体や空間を捉え、感じとることしかできないのではないでしょうか?
例えば、ヴィラバドラーサI(戦士のポーズI)のポーズを練習している時に、身体の前側の足はしっかりと踏み込めているのに、後ろ足はおろそかになり、また下半身はポーズにしっかりと取り組めていても、上半身は腰を過剰に反らしてしまいがちですよね。

身体の意識や感覚を育むのに、ハタヨガから生まれたボディワーク「ヤムナ®」のメソッドが有効です。
僕がヤムナ®のテクニックを用いてクライアントにセッションをしている時に、外からの観察ではわからなかったことが、肉体という物質にヤムナ®の特殊な球体が入り込むことによって、リードしている僕にも、受け手のクライアントにも、筋骨格的なハッキリとした感覚や、さらに微細なエネルギー的感覚で、その人の身体の空間が狭められていた事実に気づくことがあります。

ハタヨガのひとつの目的として、この損なわた空間を取り戻すということがあります。そしてその損なわれた空間がどの様にひらかれていくのか?その道程をつぶさに見ていくことに興味があります。

そしてヤムナ®の創設者でもあるヤムナ ゼイクは、身体に働きかける時に、身体の持つ自然に寄り添うべく、身体の摂理に合わせて然るべき順序をだとることで、身体は理性を取り戻し、空間がひらかれていくのだと教えます。

また、身体がひらかれた、その時にはマインドにどの様に影響するのか?を目撃したいです。さらに、僕自身や他者の体験を通じてその目撃する意識が続いたその先の世界を見ていきたいなと思います。

まだまだ、身体と心という小宇宙に対する興味は尽きそうにありません。

IMG_2201

Makoto先生がヨガフェスタ横浜2016に出演!
11070839_636215096511504_7611286623549025231_n
みんなでクラスを受けに行こう♪ 詳細&チケットの購入はhttp://www.yogafest.jp/2016/wp/?p=21640
2016年9月17日(土)16:30-18:30 
『YogaのためのYamuna®:肺まわりを緩めて後屈のポーズに挑戦する』

ヨガフェスタ横浜 2016

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ 「星の王子様」

2016/06/24

カテゴリ: Makotoのオフィシャルブログ, ヨガを感じる本を読む

誕生日を間近に控えていた休日に、大好きな作家さんのエッセイが発売されていたので一気に読み進んでいました。自分らしく、やりたいことにチャレンジして好きなことを仕事にするがテーマの書籍です。その本の言葉に「見える世界と見えない世界を繋ぐ」そんな言葉が自分に入ってきて、「大切なものは目に見えない」という言葉がインスピレーションのように浮かんできました。その言葉が何の本だったかしばらく考えていたら「星の王子様」だとひらめきました。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによる有名な童話ですが読んだことがなかったので、不思議なインスピレーションを経験した自分への誕生日プレゼントとして「星の王子様」を贈りました。

13432194_1108794672496864_4348016098178915542_n

物語は、砂漠に不時着した飛行機のパイロットである「僕」が、遠い他の惑星から来た少年の王子様と出会い、飛行士が王子様との思い出を語るという神秘的なお話です。

星の王子様は小さな自分の星で一本のバラを育て愛でていました。王子様の愛情をバラは上手く受け取ることができずに傲慢な態度を続け、そして王子様とバラは仲たがいをしています。王子様とバラはお互いに自己中心的な感情にとらわれていたことで、お互いに傷つけあってしまったことを悟ります。そして他の星々を訪ねる旅に出ることにしたのです。

それぞれの星では、さまざまな執着にとらわれている大人たちと出会い、七つ目に訪れる星として地球に降り立ちます。地球では砂漠でキツネに出会い、本当の絆を深めていきます。この哲学者のようなキツネに「ものごとの本質」を教わります。その本質を王子様がキツネと別れ際に秘密として教えてもらいます。
「心で感じてみなければ良く見えてこない。大切なものは目に見えない。」
そして「僕」と王子様が砂漠の中で水を求め、井戸を探しに行きます。二人が共に歩いている中で、
「星があんに美しいのは目に見えない花が一つあるからだよ。」
「砂漠が美しいのはどこかに井戸を隠しているからだよ。」
と王子様はつぶやきます。

目に見えないものを見る力はどうしたら手にはいるのでしょうか?常日頃どのように世界を見るか?の質が問われそうです。心の在り方によって世界は全く違って見えます。きっと全ては心によって変わるのでしょう。

ヨガでは心を扱い、心をある方向性に定めて納めることに焦点を定めます。「心で感じて良く見る」とはヨガの目指すところですね。しかしその肝心な心が曇り濁ってしまっていたらどうなのでしょうか?心は持っている能力を発揮できずに外側や条件でしか見ることができなくなり、かつての王子様と一輪のバラのように自己を中心に据えるものの見方しかできなくなってしまいます。

ヨガでは私たちの心はいくつかの役割を担うパートに分けて構成されると考えます。心を構成する要素は感情、自我、知性、記憶です。そして感情は私達の五感と密接に繋がり、身体とは相関関係にあります。またヨガでは、心を曇らせ濁らせる原因に、無意識下の反応パターンである潜在意識を挙げています。この潜在意識は感情や自我の裏側に潜んでいます。「なりたい自分になる」ために、ヨガではアーサナや瞑想の実践を通じて心を磨き、さらに潜在意識を浄化するために思考や癖に気づき方向性を定めて繰り返し呼吸法や瞑想をするのです。

星の王子様のラストシーンでは、王子様が自分の星に置いてきたバラのかけがえのない大切さに気づき、バラに対して責任があると自分の星に帰還しようとします。重すぎる身体のままでは帰れない、古い皮を脱ぎ捨てるようなものだとして、あえて蛇に噛まれて倒れるという選択をします。翌日には王子様の肉体はそこにはなく、自分の星に戻れたことが暗示されています。王子様は自分の星から地球を含む七つの他の小惑星を旅して最後は肉体を離れて自分の星に戻っていきます。

肉体とは私達の魂を宿すための仮の住まいであり、私達の魂は転生を繰り返します。七つの惑星を旅することが七つの人生を転生しながら旅したとも考えられます。そして最後に肉体を離れて自分の星に戻ったということは、意識体となって転生を終えたとも考えられますね。作者のサン=テグジュペリが東洋の思想に精通し傾倒していたかは定かでではありませんが、「星の王子様」に散りばめられているメッセージには、ヨガと通じるものがたくさん発見することができました。

大切な目に見えないものを見えるように心を磨く術を伝えていこう、それを全うしようと決心する誕生日となりました。

13315692_1108794705830194_160861879776829666_n

ページ上部へ戻る