News

RYT500
「ティーチングスキルアップ」と
「FIRSTSHIP認定ヨガインストラクター養成」について

2020年3月11日|
2020年4月より、RYS300認定トレーニングに換算される「ティーチングスキルアップ」と「FIRSTSHIP認定ヨガインストラクター養成」について変更がありますのでお知らせします。
これは全米ヨガアライアンスからの通達によるカリキュラム変更の一環となります。


<従来>

● ティーチングスキルアップ
 110時間 必須科目(内訳:コンタクトアワー80時間、ノンコンタクトアワー30時間)
 定価 404,000円(税込)

● FIRSTSHIP認定ヨガインストラクター養成
 30時間 選択科目
 定価 86,000円(税込)


<2020年4月以降にスタート日があるトレーニングより>

● ティーチングスキルアップ
 80時間 必須科目(内訳:コンタクトアワー80時間のみ残ります)
 定価 318,000円(税込)

● FIRSTSHIP認定ヨガインストラクター養成
 30時間 必須科目
 定価 86,000円(税込)


・FIRSTSHIP認定ヨガインストラクター養成が必須科目となります。
・2020年度の年間スケジュールやカレンダーでご案内している「ティーチングスキルアップ」と「FIRSTSHIP認定ヨガインストラクター養成」はどちらの日程も受講が必要となります。
・「ティーチングスキルアップ」と「FIRSTSHIP認定ヨガインストラクター養成」も単体でのご購入が可能です。(例えば、FIRSTSHIPで業務委託インストラクターをお考えの場合は、「FIRSTSHIP認定ヨガインストラクター養成」の受講とオーディション合格が求められます)
・2020年4月1日時点で、「FIRSTSHIP認定ヨガインストラクター養成 30時間」を選択で受講済みで、2020年4月以降に「ティーチングスキルアップ 80時間」を受講される方は、当時お支払いいただいたトレーニング代金を他のトレーニング受講に充当いただけます。別途ご案内いたしますのでお申し出ください。
・2020年4月1日時点で、「FIRSTSHIP認定ヨガインストラクター養成 15時間」を必須で受講済みで、2020年4月以降に「ティーチングスキルアップ80時間」を受講される方は、再度「FIRSTSHIP認定ヨガインストラクター養成 30時間」の受講が必要となります。別途ご案内いたしますのでお申し出ください。


2019年6月に全米ヨガアライアンスの規定変更(新基準)の発表がありました。
今後は、RYS200認定トレーニング、RYS300認定トレーニングともより厳密なカリキュラムのもと、既定の時間数(コンタクトアワー)の受講が求められます。
FIRSTSHIPはこの改定にさきがけて、皆様に安心して資格を取得していただけるようカリキュラムを整えてまいります。
to top