ヨガを体系・総合的に学ぶ

Workshops

FIRSTSHIPでは、ヨガへの理解を深めるために、呼吸法や哲学などの基礎や指導方法を学べるクラス、さらにスキルアップするためのクラス、また通常より内容と受講時間を凝縮した体験クラスなど、ヨガをより理解し人間としての成長を促すことができるヨガのクラスが多彩にあります。

FIRSTSHIPで「楽しむ」ヨガから、次のステップへと進んでみましょう。また、各クラスの修了に必要な受講時間は内容によって異なりますが、受講したクラスは資格取得に必要な受講時間としてもカウントすることが可能です。

スキルアップクラスの一例

アーユルヴェーダ インドの伝統医療・アーユルヴェーダのテクニックを生活に生かし、健康維持に努めることでセルフケアができるようになります。
ヨガ哲学 ヨガの道は「自分」と「世界」元をひとつに戻す「ワンネス(ひとつの存在であること)」への道です。ヨガ哲学はヨガの本質にアプローチします。
プラナヤーマメディテーション ヨガの視点・哲学から呼吸を理解し、瞑想を深めていきます。正しい呼吸と瞑想の境地は自分のヨガを次の段階へと導いてくれるでしょう。
機能解剖学 解剖学・運動機能学の視点に立ち体の仕組みを理解すると、ヨガのアーサナがもっとラクに、体を痛めることなく取れるようになります。 テキスト「ビジュアル版 筋肉と関節のしくみがわかる事典」(竹井仁 監修、西東社、1,620円)を使います。
ボディワーク(ヨガのためのロルフィング®・ヤムナ®) 体の組織(骨・靭帯・筋膜など)による基本的な構造を理解することで、体のバランスを整え、回復を図れるようになります。
ハンズオンアジャストメント 自身の手を使いポーズの誘導、修正法を習得していきます。 また、様々なヨガのプロップス(補助道具)の効果的な使用方法や個人への適応法を学ぶことができる自身の指導技術を向上することができます。 今まで学んできたアーサナのアライメントを再理解し、クライアントに対してリスクを回避するだけでなく、安全を重視し、より心身への効果効用を与えるべくアーサナの修正や補助ができます。
リストラティブヨガ 疲労やストレスで緊張した心と体の健康を回復(restore)させるヨガ。姿勢を補助するプロップス(ボルスターやブランケット、ベルト、ブロックなど)を使い、 体が無理なくサポートされた状態でポーズを保つことによって、体の機能を回復し、副交感神経を活性化します。その結果、呼吸を整え、体の緊張を解き、 完全なリラクゼーションへ導きます。いわば【積極的なリラックス】のためのヨガです。
瞑想集中講座 人生に瞑想を取り入れ、それを揺るぎないものにしていきたい時に必要な知識と意識があります。それらをこの集中講座でお渡ししていきます。 瞑想には本当の自分自身を生きようとする真剣さと、宇宙の自然な道流れを信じて委ねていられるしなやかさがあります。 自分がまだ顕現させていない本来の才能を開かせ、才能を開いている人にとっては、それがよりパワルルなものになるでしょう。
ロコモヨガ ・シニアヨガ ヨガを始めてみたいけれど、身体が硬くて心配、関節の痛みが気になってあまり大きな動きをすることができないという人でも安心して始めることができるヨガです。 ゆっくりとした動きで呼吸に合わせて行います。日常生活で体の使い方がアンバランスになり、姿勢や骨格が歪み、緊張しすぎている筋肉に働きかけて、じっくりと温め緩めます。
ヨガニドラー 眠りヨガ(ヨガ二ドラー)が効果的に実践できるようになると、【10分間の実践で1時間分の睡眠効果がある】と言われています。 眠りヨガ(ヨガ二ドラー)は、眠りと覚醒の間のまどろみの中で、意識的にリラクゼーションを深めていく“安らぎ”を培う瞑想法のひとつです。 全身に意識を向ける(ボディスキャン)、イメージング、サンカルパ(願いを唱える)という方法で、身体から心へアプローチをしていきます。 自分自身への意識を深め、潜在意識に蓄積した感情を解放していくことで、緊張のスイッチを切り、心身共にスッキリとした状態に導いていきます。
YogaEd.キッズヨガ プロフェッショナル・インスティテュート Yoga Ed.(ヨガエド)は、ヨガを実践することを通して教育に変化をもたらすことを最も重要視した教育プログラムです。 私たちの使命は、子どもや十代の子ど もたちの心身の健康を促進させるために、学校やその地域に影響を与えることです。 研究の結果に基づいたプロフェッショナル・インスティテュート(指導者養成講 座)、プロフェッショナル・ディベロップメント(人材育成)、 教育関係資料を通し、Yoga Ed.(ヨガエド)は、子どもや十代の子どもたちのためのヨガを教育 環境に取り入れるための方法を教育者達に提供します。

レッスン受講例

  • 妊活をされている女性には…マンスリー+アーユルヴェーダ+哲学+呼吸&瞑想+ウーマンライフヨガ+マタニティ

    マンスリーレッスンで暮らしにヨガが定着することで、意識が外側から内側に向くようになります。ライフスタイルや選ぶ食材を見直すきっかけになるかもしれません。アーユルヴェーダや哲学、呼吸や瞑想は、生き方や考え方のベースを整えてくれるものたちです。その上で女性に特化したウーマンライフヨガやマタニティヨガを学ぶことで専門性を身につけることができます。

    Student’s voice
    家事に加えて在宅での仕事をこなす傍ら、昼~夕方をヨガの時間にしています。
  • 今、仕事が楽しい!30代女子マンスリー+アーサナベーシック+アーユルヴェーダ+哲学+ウーマンライフヨガ

    仕事をバリバリ楽しむには、楽しめるための健康な体と心が必要です。マンスリーレッスンやアーユルヴェーダで体と心を整えましょう。アーサナベーシックでヨガポーズに磨きをかけ、仕事で使えるTIPSは哲学で学ぶことができます。30代は女性特有の問題も起きやすい時。将来の妊娠や出産、女性特有の疾患にもウーマンライフヨガの知識が大いに役に立つはずです。

    Student’s voice
    仕事帰りちょっと疲れてても受講すると、身体と脳がリフレッシュできる。
  • 毎日忙しいビジネスマンには…マンスリー+アーサナベーシック+哲学+呼吸法+瞑想+解剖学

    日々のご自身のケアが欠かせませんね。マンスリーレッスンで動ける体のベース作りを。アーサナベーシックや呼吸はヨガポーズの基礎を深めます。さらに哲学には、仕事の捉え方や人間関係の作り方などビジネスに活かせるノウハウがたくさん詰まっています。解剖学は筋骨格系など体のつくりを学び、無理をしすぎない自分に合ったヨガの深め方を知ることができるでしょう。

    Student’s voice
    平日は残業も多いので、週末の空いてる時間を使って通学。
to top