全米ヨガアライアンス正式認定校

About us

全米ヨガアライアンスとは?

90年代にアメリカで二つの異なるヨガ団体を合併する形で設立された、世界で最も知名度の高いヨガ協会です。質の高いヨガインストラクターを養成するために、カリキュラムに基準を定めており、「全米ヨガアライアンス」登録インストラクターは世界各国で通用するスキル保有者とされています。
詳細を見る

世界80カ国以上、世界で通用する全米ヨガアライアンスの認定資格

指定のトレーニングを受講し、協会に申請することで認定書が発行されて、「全米ヨガアライアンス認定ヨガ指導者」として活動することができます。この認定資格は世界80カ国以上で認知されており、日本国内だけでなく海外での活躍の場も切り開く、権威ある認定証です。

主な認定資格

RYT200
全米ヨガアライアンスが認める200時間のヨガインストラクター養成トレーニングです。ヨガインストラクターとして基本となるもので、200時間のうち180時間は直接講師から指導を受ける時間(コンタクトアワー)が定められています。
RYT500
RYT200の上位資格で、さらに300時間の研鑽を積むことでヨガインストラクターとしての専門性をより高めます。上級のヨガのテクニックや実践、指導方法、機能解剖学や生理学、ヨガ哲学、ヨガ的ライフスタイルや倫理などがカリキュラムに入ります。

FIRSTSHIPは全米ヨガアライアンス正式認定ヨガアカデミー。

FIRSTSHIPは、国内でも数少ない全米ヨガアライアンス認定アカデミーです。設立以来10,000人以上の方が資格取得され、ヨガインストラクターとして日本国内はもちろん、海外でも活躍されている方がたくさんいらっしゃいます。

1テクニックや指導法のベースを身につけるRYT200プログラム

FIRSTSHIPでは、ヨガの基本となるアーサナ、呼吸法、瞑想、哲学、解剖学を学び、すべて履修が終わるとティーチングへと進みます。

more

2本格的に学ぶヨガ上位資格RYT500

RYT200で学んだものをより実践に生かし、人間性、知識、技術レベルの高い専門性を持った、真のプロフェッショナルなヨガ指導者を育成します。

more

3子どもと向き合うためのヨガRCYT95

RCYT(キッズヨガ)は、RYT200を取得し、さらに95時間の全米ヨガアライアンス認定キッズヨガトレーニングを修了すると、18歳までの子どもたちに安全なヨガを指導できる、全米ヨガアライアンス認定キッズヨガインストラクターとなります。

4妊娠、出産とともに歩むヨガRPYT85

RPYT(マタニティヨガ)は、RYT200を取得し、さらに85時間の全米ヨガアライアンス認定マタニティヨガトレーニングを修了すると、産前、産後の女性の特性を理解し、最適なヨガを指導できる、全米ヨガアライアンス認定マタニティヨガインストラクターとなります。

to top