Academy

オンライントレーニング

解剖学アドバンス

資格を取る
解剖学アドバンス

ヨガ指導者としてプロフェッショナルを目指す

ヨガは身体への理解が絶対必要です。骨、筋肉、関節などがどのような動きでどのように作用するのか、ヨガをする上で欠かせない知識です。しかし、解剖学の本を読むなどの独学では、学び深めるのに限界を感じやすい分野であることも確かです。 解剖学の知識を高め、クライアントの多様なニーズに応えられる、ヨガ指導者としてのプロフェッショナルを目指しましょう。RYT500資格取得にむけての、RYS300認定トレーニング必須科目です。

どんなニーズがあるの?

クラスに身体の不調を抱えた方が参加する場合、あなたはどのように対応すべきでしょうか? このポーズでもっと身体効果を高めたいと思うとき、あなたはどのようなアプローチ をとるべきでしょうか? 高いレベルの解剖学知識を備えられると、幅広い層への指導や個人指導が可能になります。 また指導できるクラスのバリエーションを増やすことも可能になるでしょう。 一般的なヨガインストラクターとの差別化を図り、ヨガ指導者としての高みを目指します。

こんな方におすすめ ・身体への理解を深めて、ヨガ指導者としてさらにプロフェッショナルになりたい方
・各アーサナに必要な知識を解剖学的見地で学び深めたい方
・解剖学の知識を高め、ヨガ指導者としてより安全で効果的なクラスを提供できるようになりたい方
カリキュラム内容 RYS200認定トレーニングで学んだ基本的な解剖学の知識をもとに、解剖学アドバンスでは自身の身体への知識と知恵のブラッシュアップを図っていきます。

(1)立位のアーサナにおける機能解剖学
(2)前屈/後屈のアーサナにおける機能解剖学
(3)ツイスト/逆転のアサナにおける機能解剖学

立位、前屈、後屈、逆転、コア、ツイスト、座位など、各アーサナに必要な構成要素を解剖学的な見地で学び深めていきます。
それぞれのアーサナに必要な筋と関節を徹底的に学び、関節運動学、力学的に身体をどう扱ったらよいかを学び、自分の動き方、アジャストメントをバイオメカニクスの観点からより分かりやすく解説します。
「どうしてあのインストラクターの先生のアジャストメントやキューイングが心地よく、誘導されるのか。」その理由を探り、自分と相手の身体をうまく扱うための基礎のチカラをしっかり作ります。

Outline

概要

  
期間 2020年12月5日(土)、6日(日)、12日(土)
10:00~15:30(30分間休憩)
※3日間
場所 こちらのトレーニングはオンラインでの受講となります
費用 定価 50,000円(税込55,000円)

10月末までのお申込み・ご入金で15%OFF!  42,500円(税込46,750円)
※申込金を、キャンペーン最終日の15時までにお振込みをされた方が対象です(15時以降は各校舎へ直接お支払いください)。
RYS300の必須・選択科目 必須科目200時間に加算されます(15時間)
参加条件 ・ヨガ歴半年以上を推奨。半年に満たない方もお気軽にご相談ください。トレーニング開始までにヨガ経験を積んでいただければ大丈夫です。
・深刻なケガをお持ちの方、妊婦の方はご相談ください。
・最少催行人数に満たない場合は開催を取りやめる場合があります。ご了承ください。
準備 ヨガマット、水、ヨガウェア(動きやすい服装)、タオル、上に羽織るもの(体を冷やさないウェアでご参加ください)
テキストに「ビジュアル版 筋肉と関節のしくみがわかる事典」(竹井仁 監修、西東社)を使用します。各校で販売していますのでご用意ください。
FIRSTSHIPでは、お客様を生徒、FIRSTSHIPが指定するヨガ講師を先生という位置づけとしています。
※本サービスでは、プログラムに基づく指導以外はすべてセルフサービスでご利用ください。
※参加者のご都合によりプログラムの一部または全部に参加されなかった場合、返金はいたしかねます。
※レッスン前のアルコール摂取はお控えください。
ORDER FORM
コース名 日時 費用 お申し込み
解剖学アドバンス オンライン 2020年12月5日(土)、6日(日)、12日(土) 定価:50,000円(税込55,000円)
早割:42,500円(税込46,750円)
お申込みはこちら
to top