Academy

ヨガ哲学アドバンス 表参道

資格を取る
ヨガ哲学アドバンス

ヨガの本質を真剣に学ぶ

ヨガはアーサナ(ポーズ)だけではありません。エクササイズだけではありません。
しかし「ヨガ・スートラ」などの哲学書を読むだけでは、なかなか理解しがたいですね。インドへヨガ哲学を学ぶために3年以上留学していた鈴木愛子先生とともに、これらを楽しみながら読み解いていきます。
「ヨガ・スートラ」を読み、サンスクリットの祈りの詩句を発音しながら、皆でチャンティングしたり、日本語でやさしく解説していきます。ヨガのコンセプトと本質に触れ、理解することで、その教えはアーサナ(ポーズ)に生かされるだけでなく、日々の暮らしに溶け込み「ヨガ的に生きる」ための指針となるでしょう。RYT500資格取得にむけての、RYS300認定トレーニング必須科目です。

どんなニーズがあるの?

聖典「ヨガ・スートラ」は、ヨガに触れる方にはぜひ読んでいただきたいヨガの本質が書かれています。また、サンスクリットで祈りの詩句を学んでいきます。
エクササイズだけのヨガは真のヨガと呼べません。
ヨガの魅力を正しく広められるインストラクターとして、アーサナ(ポーズ)とヨガ哲学、両者をバランスよくクラスに構成できるヨガ指導者、真の知識や実力のあるヨガインストラクターがいま求められています。

メリット ・ヨガのコンセプトの基盤をより深く知りたい方
・ヨガを日々の暮らしの中に生かしたい方
・ヨガの魅力を正しく広められるインストラクターになりたい方
カリキュラム内容 聖典「ヨガ・スートラ」を通して、ヨガのコンセプトの基盤となるヴェーダの聖典の教えを理解します。また、サンスクリットの祈りの詩句も学びます。アーサナ(ポーズ)だけでなく、日々の暮らしの中に生かすことのできる『生き方のヨガ』に触れていきましょう。

「ヨガ・スートラ」
インドの哲学者・パタンジャリが編纂したヨガの経典です。「ヨガとは心の働きを抑制すること」の定義に始まり、三昧(サマーディ:瞑想によって精神集中が深まりきった状態)に至るまでの具体的方法としての八支則と、その背景にある思想が述べられています。

Outline

概要

期間 2020年6月6日(土)、13日(土)10:00~17:00(1時間休憩)
     20日(土)、27日(土)10:00~17:30(1時間休憩)  ※4日間
場所 FIRSTSHIP表参道
費用 定価 83,636円(税込92,000円)

4月末までのお申込み・ご入金で15%OFF!  71,091円(税込78,200円)
※申込金を、キャンペーン最終日の15時までにお振込みをされた方が対象です(15時以降は各校舎へ直接お支払いください)。
定員 先着20名(申込み多数の場合、増枠の可能性もあります)
講師 鈴木愛子
RYS300の必須・選択科目 必須科目200時間に加算されます(25時間)。
参加条件 最少催行人数に満たない場合は開催を取りやめる場合があります。ご了承ください。
持ち物 水、座学のため快適に座ることができる服装、筆記用具
FIRSTSHIPでは、お客様を生徒、FIRSTSHIPが指定するヨガ講師を先生という位置づけとしています。
※本サービスでは、プログラムに基づく指導以外はすべてセルフサービスでご利用ください。
※参加者のご都合によりプログラムの一部または全部に参加されなかった場合、返金はいたしかねます。
※滞在中の貴重品の管理は、全てご自身で行ってください。万一盗難・紛失等により損害が生じた場合であってもFIRSTSHIPでは補償いたしかねます。
※レッスン前のアルコール摂取はお控えください。
※遠方の方はビジネスホテルやマンスリーマンションに滞在しながら通学していただくことも可能です。
ORDER FORM
コース名 日時 費用 お申し込み
ヨガ哲学アドバンス 表参道 2020年6月6日(土)、13日(土)、20日(土)、27日(土) 定価:83,636円(税込92,000円)
早割:71,091円(税込78,200円)
お申込みはこちら
to top